ANCA自律神経ケア

眠る前の贅沢リセット経絡アロマヨーガタイム、

昨夜は、久々、ゆっくりと、ふくらはぎに
オイルマッサージをしながら、
前屈なるものを楽しみました。

ハタヨーガでは、背中を伸ばすポーズ。
これ、効くんですよね~

お尻も、腰も、背中も、首も、脚の裏側も

これは、実はとても、自律神経が、

休まり、そして整い、その働きは
強化されるんですね。

使いすぎも、筋肉はコリますが、
使い足らないのも、コリは、育ちます

どちらも、良くない。
良くないのは、何に良くないのでしょう?

バランスが悪いと言うわけです。

疲れたら休む、休めたらまた、動く
これはこころも身体もですね~

使いすぎも、使わなさすぎも良くない
適度が一番良い訳ですが、

何が適度であるならば良いというのでしょう?

そうです、適度に動き適度にやすませる。

これは、基本の生命神経である、自律神経が、
休まず、働いていてくれる、
お陰、なのですね~。

お陰様でと、日本語も素晴らしい表現が有ります。

陰日なたの無い、言動行動は、信頼を生みますよね。

その、陰日なたの無い働きそのものが自律神経。
風邪を引くと、背中バリバリになりませんか?
首も回らず、身体はより、硬くなる様な、あの辛さ。

神経は、脳から背骨を通り、全身に、
木の根のように張り巡らされます

背中の堅さ、ほっておくのは良くないんですね
神経機能の足を引っ張ります

硬い方にこそ、硬い時にこそ
経絡アロマヨーガ、経絡ボティケア、
などなど、お勧めしたいですね~。

硬い時にこそ、ほぐれていく気持ち良さも
楽になる、貴重な、快調さも身にしみます。

ところで、コリ方も、疲れ方も、
その方らしいパターンが、あるのご存知ですか?

これ、自律神経バランスタイプが有るのです。
前屈した際に、どこが、
背中が、丸くなってしまうのか、
どの辺りのコリが前屈を、邪魔しているかで

その方の内臓のストレスも、見えてくるんですね~。

動診断と、呼びます。

構造的な骨格的な歪み、と、
内側の機能的、つまり、内臓の機能バランス
をリセットする事

何処をどう、リセットすると、
最短、最速、最高に、効果が、出せるか?

チェックすれば、分かりますよ。
家庭でも出来るセルフチェック、と、

パソコンと連動して、自律神経バランスを
グラフで見える化する、医療機器の類です。

随分長く活用してますが、
バーソナルケアポイントは、セルフチェックと共に
一目で、分かりますよ。

ヨーガも、整体も、美容も、健康ビジネスとして
実施、インストラクター養成をしてまいりましたが、
随分助かりました。

勿論、こころのリセットも必要なのは
言うまでも有りません

ストレスが、一番、身体に、無理させますものね。
そして、身体は本当に辛くなるまで、
弱音を吐かない時が多いですから。

明日は、小学生の、お子さんの眼を見張る改善例、ご紹介しますね。

眠くてもお休み前に、
背中伸ばしましょう~~!
あくびで、いいですよ、
うーんと、伸びる、フッ~~。2.3回

では、今日も訪問有り難うございました。

今月、24日、
経絡ボティケア、見える化カウンセリング
体験講座、銀座のサロンを、借りて実施します
是非、お問い合わせ、お待ちしていますね~!

健康ビジネスプロデューサー
小島 夕佳

最近の投稿

コメント

  1. keiraku70 より:

    1. 無題
    ameba登録しました。
    読者登録もしました。
    宜しくお願いします。三村
    http://ameblo.jp/keiraku70/

コメントを残す

*