ANCA自律神経ケア

血タイプの運動と休養アドバイス

こんにちは!

30年間、自律神経バランスを指針に

どうしたら、体質の壁を超えられるかをテーマに

パーソナルケアをしてまいりました

自律神経ケアの専門家、

ハピエジアプリ創始者 小島夕佳です。

【完全無料】誕生月セラピー™であなたのケア方法を知ろう♪
は、下記画像をクリックしてください♪

 

血とは?

血の働きは、常に全身をめぐり、栄養を供給し潤すことです。
また、血は精神活動を支えます。

血の内容(質と量)が悪いと全身の滋養が低下します。

それは脳の働き(知能、能力)にも大きく影響します。

昼間は自律神経の交感神経が働き、夕方からだんだん副交感神経に移行します。

このスイッチの切り替えにも血は重要な働きをしています。

血の材料は、主に食です。

気・水とも深く関わりながら血を作りますので、食(栄養)、呼吸(運動)、水(休養)のバランスはとても大切です。

ゆったりできない、物忘れが激しい、集中できない、などが気になる方は、血を見直しましょう

子育て中や妊娠中の方も一度見直してみましょう。

 

 

血タイプの運動と休養アドバイス

運動アドバイス

ポーズ1. いつでもどこでも ポーズ 

    脇をほぐして消化器系の疲れを取ろう!

 

 

①開脚し、吸う息で左腕を上げる

②ゆっくり吐きながら、上半身を右へ倒す

この時、重心は左にのせたままで行う。

左右各3回繰り返す

ポーズ2.アンチエイジングポーズ  

屈伸は血の循環がよくなり、お肌もつるつる!

①膝を軽く屈伸(何かにつかまってもよい)。

3~6回。足は腰はばに広げても良い。

 

 

それでは、実際にチェックをしてみましょう。

血のタイプチェック

血滞(血が過多)

☐頭痛などの痛みがある

☐唇がチアノーゼ(青紫)気味

☐慢性的に肩こりがある

☐下半身が冷えやすい

☐肌がくすみやすく、シミができやすい

 

血虚(血が不足)

☐めまいや立ちくらみがする

☐唇の色が薄い

☐顔色が悪くつやがない

☐不眠になりやすく、熟睡感に欠ける

☐時々こむらがえりを起こす

 

さて、どちらのチェックが多かったでしょう。

次回以降、タイプ別のアドバイスをしていきますね。

 

 

ケアの詳細をお知りになりたい方

しあわせエイジング術〜体質の壁を越えるパーソナルケア・エクササイズ〜
をぜひお読みください。
ご購入はこちらから♪

ご自分に合ったケア方法を学んでみたい方

一般社団法人ANCA自律神経ケア協会で学べます。
講座詳細はこちらから♪

 

【ご自分や家族の為に学びたい方は、ハピエジセルフケア講座へ】
・肩こり、腰痛などの長年のコリがある
・自己流ケアでは疲れが抜けきれなくなった
・家族の体調管理ができるようになりたい
などの方にオススメです!

 

【ヨーガ、サロンなどのお仕事としてケア方法を取り入れたい方はANCA自律神経ケア講座へ】
・お客様から相談される不調のケア方法のアドバイスをもっと充実させたい
・インストラクター、セラピストとして、もっとスキルアップしたい
・お客様との信頼関係を築きたい
などの方にオススメです!

【完全無料!】誕生月セラピー™で
あなたのケア方法を知ろう♪



誕生月セラピー

ご存知ですか?
東洋医学(中医学)の考え方では、誕生月に
よって、働きが盛んになる臓腑があります!
その臓腑を把握&ケアをすることで、
あなたのハッピーエイジング(ハピエジ)を
サポートします!

こんな方におススメです!
・毎日忙しくて、ケアのする余裕がない
・自分に合ったケアが知りたい





詳細はこちら

最近の投稿

コメントを残す

*