ANCA自律神経ケア

気滞の食動休アドバイス

こんにちは!

30年間、自律神経バランスを指針に

どうしたら、体質の壁を超えられるかをテーマに

パーソナルケアをしてまいりました

自律神経ケアの専門家、

ハピエジアプリ創始者 小島夕佳です。

 

【完全無料】誕生月セラピー™であなたのケア方法を知ろう♪
は、下記画像をクリックしてください♪

気滞の食動休アドバイス

 

気滞とは

気の過剰、停滞。心身に必要な気が多すぎて廻らない状態。

気は足りているので無理は利くが、無理がストレスのもとに。

急にため息が出る

イライラする

消極的傾向になりがち

 

養生ポイント

元気はあるが、気が渋滞していて巡らないため、結局不足します。

几帳面で責任感が強いのは良いことですが、ほどほどに。

ストレスの発散を大切にしましょう。

柑橘類の皮を干してお風呂に入れたり、お部屋に置いたりすると、

香りが緊張を和らげてくれます。

渋滞した気を発散するに、おなら、ゲップが多い。

 

栄養アドバイス

A.注意点

量は減らさず、食材の種類を多くして、バランスを心がけましょう。

ミネラル・カルシウムを含む素材をたっぷり摂りましょう。

食べる事でストレス解消しがちです

 過食しそうになったら、散歩などで身体を動かして意識をそらせ、

 ストレス解消しましょう。

 

B.お勧め食材

シソ、セロリ、にらなどの香味野菜、香辛料。

香味野菜たっぷり、日本そばの焼きそば。

ジャコも加えるとカルシウムも摂れます。

ソースやしょうゆなど、調味料はお好みで。

イライラ解消に効果的

 

C.お勧め薬膳素材

みかんの皮、しそ、しょうが、胡椒、八角フェンネル、菊花もお勧めです。
シソ、セロリ、ねぎ、三つ葉などをたっぷりトッピングしましょう。

簡単元気茶

シソ:刻んだものをカップにいれ、お湯を注ぎます。

 

運動アドバイス

しっかり動きましょう。

もともとは元気があるので、動くことで充電できるタイプです。

運動後の身体のケア、歪み改善、筋肉疲労の解消は

手を抜かないように気をつけましょう。

【完全無料!】誕生月セラピー™で
あなたのケア方法を知ろう♪



誕生月セラピー

ご存知ですか?
東洋医学(中医学)の考え方では、誕生月に
よって、働きが盛んになる臓腑があります!
その臓腑を把握&ケアをすることで、
あなたのハッピーエイジング(ハピエジ)を
サポートします!

こんな方におススメです!
・毎日忙しくて、ケアのする余裕がない
・自分に合ったケアが知りたい





詳細はこちら

最近の投稿

コメントを残す

*