ANCA自律神経ケア

内臓の疲労とアンチエイジングの関係

 

30年間、自律神経バランスを指針に

どうしたら、体質の壁を超えられるかをテーマに

パーソナルケアをしてまいりました

自律神経ケアの専門家、

ハピエジアプリ創始者 小島夕佳です。

 

【完全無料】誕生月セラピー™であなたのケア方法を知ろう♪
は、下記画像をクリックしてください♪

 

内臓の疲労とアンチエイジングの関係

 

人は誰でも、平等に年をとります。

ただ、老化のスピードは人によって違うようです。

とても若やいでいて、年相応には見えない方もいれば、

年齢よりグンと老けて見える方もいます。

 

医学的には、老化の正体はまだはっきりしていないそうですが、

それでも実際にわかっていることはたくさんあります。

 

たとえば、

元気の維持増進の基本である栄養・運動・休養の3つがバランスよく保たれている

適度なストレスがある

問題を解決できる行動力がある

これらを日常生活で実現できている方は、おおむねアンチエイジングに成功しているようです。

 

では、加齢によって起きる問題にはどんなものがあるでしょうか。

基本的に人は若く元気なときは、免疫力も高く、体力も十分に蓄えています。

しかし年を重ねていくと、程度や種類の差はあれ、心身にいろいろな不具合が現れてきます。

それらの多くは、原因がわからないけれども本人は不調を訴えるという、

いわゆる「不定愁訴」の症状です。

 

こうした心身の不具合は、まず、

経絡異常(体表面状または体の浅いところの問題)

から始まり

機能異常(腕があがらない・胃が重いなど心身の機能的な問題)

に進み、

器質異常(胃潰瘍など内臓そのものが障害をおこしている状態、すなわち病気)

へと移行します。

つまり問題が深くなるほど、体の深いところ(内臓)が病んでいくのです。

 

加齢における問題を深くしないためには、

自分にとってしわ寄せをうけやすい内臓機能はどれなのかを把握した上で、

そのしわ寄せが内臓に及ばないよう、日常的にケアすることが大切になります。

 

「気・血・水」を整え、

生命神経である自律神経の能力を高めるとともに、

自身の自律神経の弱点を把握して

、穏やかな気持ちを持ち、

しなやかで健やかな心身をつくる。

 

それこそが免疫力を高め、しあわせエイジングへとつなげる最適の方法なのです。

 

 

 

 

 

ケアの詳細をお知りになりたい方

しあわせエイジング術〜体質の壁を越えるパーソナルケア・エクササイズ〜
をぜひお読みください。
ご購入はこちらから♪

ご自分に合ったケア方法を学んでみたい方

一般社団法人ANCA自律神経ケア協会で学べます。
講座詳細はこちらから♪

 

【ご自分や家族の為に学びたい方は、ハピエジセルフケア講座へ】
・肩こり、腰痛などの長年のコリがある
・自己流ケアでは疲れが抜けきれなくなった
・家族の体調管理ができるようになりたい
などの方にオススメです!

 

【ヨーガ、サロンなどのお仕事としてケア方法を取り入れたい方はANCA自律神経ケア講座へ】
・お客様から相談される不調のケア方法のアドバイスをもっと充実させたい
・インストラクター、セラピストとして、もっとスキルアップしたい
・お客様との信頼関係を築きたい
などの方にオススメです!

【完全無料!】誕生月セラピー™で
あなたのケア方法を知ろう♪



誕生月セラピー

ご存知ですか?
東洋医学(中医学)の考え方では、誕生月に
よって、働きが盛んになる臓腑があります!
その臓腑を把握&ケアをすることで、
あなたのハッピーエイジング(ハピエジ)を
サポートします!

こんな方におススメです!
・毎日忙しくて、ケアのする余裕がない
・自分に合ったケアが知りたい





詳細はこちら

最近の投稿

コメントを残す

*